DIGITAL BUSINESS BLOG

今や企業が生き残るためにはデジタルトランスフォーメーション(DX)を通した生産性の向上が必須となっています。これを実現するにはコンテンツ・経営データと連動する総合的なデジタルマーケティング戦略の策定と検証・実施が不可欠です。当ブログでは、DXやデジタルマーケティング・集客などマーケティング担当者が直面する課題解決に役立つ情報をほぼ毎日更新していきます。

導入前にチェックしたいHubSpotとSATORIの性能比較

執筆者 デジタルブログ編集部 20/10/06

リード(見込み顧客)獲得、アプローチ、契約は、ビジネスに欠かせない基本的な流れです。特に、デジタルトランスフォーメーション(DX)化という言葉も耳にするようになった昨今において、ITに関する知識がなければ、集客や営業の面でも課題を抱えている方も多いのではないでしょうか。その課題に最適なのが、マーケティングオートメーション(MA)です。契約までのマーケティング活動を自動化し、ビジネスの効率化を実現するツールとして、近年、需要が高まってきています。今回は、数あるMAツールの中でも、特に便利でオススメしたいHubSpotとSATORIの特徴や利用料を比較して、ビジネスを効果的に進める上で適しているのかをご紹介します。

📚 目次

 

  1.  1 HubSpotとは
  2.     便利機能が無料で利用できる
  3.     インバウンドマーケに最適なCMS
  4.     初心者でも簡単に使える操作性
  5.  2 SATORIとは
  6.     複数ドメインのサイトを検証可能
  7.             匿名のユーザーも簡単に分析
  8.             ポップアップの表示
  9.     3 HubSpotとSATORIの機能比較
  10.     4 HubSpotとSATORIの料金比較
  11.     5 まとめ

 

HubSpotとは

HubSpotとは、HubSpot社が提供するMAツールで日本のみならず世界120カ国以上で利用されています。それでは、HubSpotの特徴について見ていきましょう。

HubSpotのHP

画像出典:HubSpot公式サイト

便利機能が無料で利用できる

HubSpotには、数あるMAツールの中でも特に多様な機能が備わっています。問い合わせフォームの作成機能、チャット機能、メール配信機能など、便利な機能ばかりです。そして、驚くべきはほとんどの機能が無料で始められること。まずはお試し感覚で、一連の機能を無料で幅広く使ってみるとよいでしょう。


インバウンドマーケティングに適したCMS

HubSpotは、ウェブサイトやブログの記事を作成できるCMSツールも備わっています。自社製品の紹介や関連情報をまとめたページを作成して、Web上に公開が可能です。架電や訪問営業など人力に頼った地道なアポ取りとは違い、HubSpotで作ったページを見た上で問い合わせをしてきた確度が高いリードの獲得が見込めます。


初心者でも簡単に使える直感的な操作性

HubSpotは、いま流行りのノーコード仕様に近い操作性が魅力的です。多くの機能がありますが、それらの編集や設置にプログラミングなどの専門知識はほとんど必要なく、ドラッグ&ドロップをメインにした直感的な操作性で誰でも簡単にページの編集ができます。例えば、入力フォームの作成やチャット機能の設置は、通常であれば複雑で時間も手間もかかる難しいものです。しかし、HubSpotであれば直感的かつ簡単に利用できます。また、世界で利用されるツールであるため連携できる他社のツールも多く、機能拡充をしやすいのも利点です。

 

SATORIとは

SATORIとは、SATORI株式会社が提供するMAツールです。HubSpotに対して、SATORIの場合は日本産のツールのため国内での普及にとどまります。

SATORI

画像出典:SATORI公式サイト

追加料金なしで複数ドメインのサイトを検証可能

MAツールを使ってサイトの分析(トラッキング)をする場合、1アカウントに対して1ドメインしか登録できないものがほとんどです。それが、SATORIであれば、同じアカウントで複数のドメインのサイトのトラッキングができます。しかし単純に計測対象となるカスタマー数が増え、施策量も増えることから、基本プランの上限を超える場合があり、この場合は有料となるので注意が必要です。


匿名のユーザーも簡単に分析

WEBサイトから流入するユーザーは、不特定多数でサイトに訪問しただけではユーザーの判別をして的確に管理することができない場合が多いです。しかし、SATORIであれば、メールアドレスなどユーザーを特定できる情報がない場合でも、ユーザーを判別して管理ができます。管理できる情報は、サイトの滞在時間やクリックした箇所など様々で、特定できるユーザーかどうか関係なく、自社のビジネスの最適化のために欲しい情報が手に入るでしょう。


ポップアップの表示とテストでサイトを最適化

ポップアップをサイト右下などに広告やCVページへのリンクを目立つように表示させられます。ポップアップを表示させる操作も非常に簡単で、SATORIの管理画面上でHTMLとCSSを使って生成したコードをサイトに埋め込むだけです。またこのポップアップは設置したら終わりではなく、検証してより効果的な利用を追求できます。SATORIでできる効果検証は、2種類のデザインや訴求文言を出し分けてどちらの反応が大きいかを判定できるABテストや、ユーザーの属性によってポップアップを出し分けるセグメントの2種類です。ちなみにHubSpotであれば、HubSpot上で完結できるため、マーケティング担当者だけですぐに表示可能ですが、SATORIではコーダーに依頼するなど多少のコーディングの知識が必要です。


HubSpotとSATORIの機能比較

HubSpotは新規顧客の獲得に最適

HubSpotの魅力は、インバウンドマーケティングをするための機能がすべて備わっているということです。ブログやウェブページの作成をはじめとするCMS機能、SEOサポート機能、自動化機能などがワンパッケージになっており、さまざまなツールを使う必要がありません。サービスやセールスの機能もあるので、リード獲得から契約まで一気通貫で情報をチームで共有できる点が魅力です。高性能なCRMを無料で使用でき、スモールスタートを切れるのも利点です。


SATORIは既存サイトのCV向上に最適

SATORIには、HubSpotのように独自のCMS機能は搭載されていないため、ちょっとした修正等でもコーディング知識を要します。しかし、匿名ユーザーの分析機能は魅力があり、純日本製という点も注目です。

 

HubSpotとSATORIの料金比較

いくら便利とは言っても、導入するかどうかを判断する上で最も気になるのは運用にかかる費用でしょう。HubSpotとSATORIの料金を比較してみましょう。


HubSpotの料金形態

HubSpotの料金形態は機能ごとに分かれています。ここでは、Marketing Hubで3種類ある有料プランそれぞれの最低料金を基準にしてご紹介します。

Starterプラン

StarterプランはHubSpotの中で最もベーシックなプランです。ブログなどのCMS機能は別途で費用がかかりますが、リードへのアプローチに必要なすべての機能を利用できます。月額6,000円から利用可能です。

Professionalプラン

続くProfessionalプランは、CMSを含むほとんどすべての機能が利用できます。管理するチームが複数に及ぶなど、よほど込み入った機能を使う予定がないのであれば、このプランで充分でしょう。月額9万6,000円から利用可能です。

Enterpriseプラン

Enterpriseプランは、HubSpotに搭載される全部の機能が制限なく使えるプランです。大人数でかつ用途も様々な場合は、このEnterpriseプランが選択肢に入ってくるでしょう。月額38万4,000円から利用可能です。

 

SATORIの料金形態

SATORIの料金形態は以下の通りです。


導入費用

SATORIは導入する際に初期費用というものがかかります。こちらは運用とは別に発生するもので、金額は30万円です。

月額費用

SATORIの導入ができたら、月額費用がかかります。料金は14万8,000円です。一通りの標準機能を対象に、どれだけ使っても値段は変わりません。

有料オプション

月額費用を払えばSATORIのほとんどの機能を使えますが、もっと細かい機能を使ったり分析の範囲を広げたりしたい場合向けに有償のオプションサービスも用意されています。具体的には、サイト内でのアクションデータをユーザー別に抽出し提供することや、メールをより詳細に分析するための効果計測に必要なドメインが利用できるなどです。


HubSpotとSATORIのオプション

基本機能は定額で使える上で、効果が発揮されてもっと機能や容量を拡大したい場合は、より便利な機能を追加したいということになったら、必要な分を追加し、その分だけを課金できます。

  HubSpot SATORI
機能 マーケティング、セールス、サービスまでワンパッケージなので一気通貫で契約まで管理可能。無料CRMがあり、スモールスタートもできる CMS機能は搭載されていないため、ちょっとした修正等でもコーディングが必要。しかし、匿名ユーザーの分析機能は魅力があり、純日本製という点 も注目
価格 Starterプラン
月額6,000円
Professionalプラン
月額9万6,000円
Enterpriseプラン
38万4,000円
(Marketing Hub)
導入費用
30万円

月額費用
14万8,000円

 

まとめ

今回は、MAツールであるHubSpotとSATORIの特徴についてご紹介しました。HubSpotもSATORIもそれぞれの良さがある便利なMAツールであることをお分かり頂けたのではないでしょうか。HubSpotとSATORI、それぞれの特徴をしっかりと比較した上であなたのビジネスに合ったツール選びましょう。

Topics: HubSpot, マーケティングオートメーション, インバウンドマーケティング